• RJ Industry Japan Press

≪Prolight+Sound 2019≫ in フランクフルト

最終更新: 2019年7月17日

Robert Juliatは2019年、100周年を迎えました。

4月にフランクフルトで開催されたProlight+Sound2019国際展示会ではとりわけ、新型トラッキングシステムであるSpotMe(スポットミー)を紹介。こちらの製品はロンドンで毎年開かれるPLASA2018受賞歴も持ちます。



オーストリアのzactrackの協力のもと構築された、SpotMeデモンストレーション用の新しいインターフェース「SpotMe Maestro (スポットミー マエストロ)」も登場、スタンドを訪れた面々が直接SpotMeに触れ、画面を見ながらデモンストレーションを行いました。SpotMe Maestroは既存のDMX調光卓を用い、SpotMeシステム操作を可能にする仕様となっています。


≪Robert Juliatセールスディレクター・Claus Spreyer氏≫ 「SpotMe Maestroの開発により利用可能なプロトコルが増え、SpotMeのテクノロジーをより幅広くさまざまなイベントやシーンでお使いいただけるようになりました。」


「トラッキングシステム、3D数式、メディアコントロールの主要なメーカーであるzactrackと提携でき、とても誇りに感じています。」



≪zactrackの創始者兼CEO・Werner Petricek氏≫ 「ハイテク業界のベンチャー企業として、我々の3Dのノウハウを世界一のフォロースポットを提供するブランドに提供できることを光栄に思います。」


「SpotMe MaestroはRobert Juliatワールドをzactrackの複雑なトラッキングとオート追尾テクノロジーに容易につなぐ役割を果たしています。」

Dalis Access 863 (ダリス アクセス 863)もスタンドに登場。フルカラーレンジのDalis860ホリゾントライトに匹敵する明るさと機能を持つDalisシリーズが紹介されました。 Dalis Access 863はDalisシリーズ入門者、または低予算でリーズナブルに購入を検討中の方におすすめのホリゾントライトです。オリジナルのDalis860ホリゾントライトの機能を全て搭載し、4色の光源と24の非対称特殊リフレクタ装備でパワフルな出力が可能です。LED灯体は4つに分けてマッピングすることもでき、また4色をミックスすることによりパステルカラーからビビッドな色彩までさまざまなバリエーションの色合いを生み出すことができます。Dalis Access863はオリジナルDalis 860の機能とクオリティを持ち合わせつつ、比較的お手頃な価格でホリゾントライト、フットライト、どちらの用途にも最高のツールとなります。

Dalis 864 Footlightは、48の非対称特殊リフレクタ装備のDalis 862バリアブルホワイトフットライトの150Wカラー版で、4色ミキシングLEDシステム搭載です。Dalis864フットライトはカラフルなアップステージもしくはダウンステージフットライト用にデザインされています。コンパクトな空間や湾曲したスペースにもフィットし、より精度の高いライティングを実現するハーフサイズのDalis 864Sもご利用可能です。 Robert Juliatのフォロースポット、プロファイル、およびその他照明機材の 全シリーズについて、詳細はwww.robertjuliat.comをご覧ください。 2019年4月9日

写真 : ©Robert Juliat