• RJ Industry Japan Press

≪Oz≫ハウス・オブ・ダンシング・ウォーターで輝く:LEDフォロースポット

最終更新: 2019年8月20日

 マカオのシティ・オブ・ドリームスで開催される世界的演出家Franco Dragoneによるショー「ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター」のリニューアルにあたり、Robert Juliat製600W LEDフォロースポットOz6台が起用されました。ショーの過酷なコンディションに対応できるよう、パワフルなロングスローのLED灯体には角度微調整可能な強化アームを採用し、プッシュ・プル式の6色カラーチェンジャーを搭載しました。 (詳しくはこちら www.robertjuliat.com )

写真:© Chris Luk @ Chris Luk Photography Limited

 「ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター」は2010年の初演より500万人の観客動員数を記録、2億5000万米ドル規模のスリリングなスペクタクルショーです。ウォーターショーとしては世界最大、トップクラスの興行で3000回の上演を超えた現在、コタイエリアでは最もロングランとなりました。クリエイティブで世界的に有名な演出家Franco Dragoneにより手がけられた円形劇場は、2,000人を収容でき各客席からは270°特設ラウンドステージを見渡せるつくりとなっております。約1542万リットルもの水を蓄えた巨大プール(直径50m、水深7m)を中心にストーリーが繰り広げられ、90名のパフォーマーと200ヶ国以上の国際色豊かな技術者チームにより、カラーと光のまばゆく輝く魔法のようなクリエイションを可能にしています。

写真:© Chris Luk @ Chris Luk Photography Limited

 「ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター」のライティング・デザイナーは受賞経験もあるLuc Lafortune。これまで当社のVictorフォロースポットと14台のD’Artagnanプロファイルを起用し、Karl Jenkins率いる照明・プロジェクション・特殊効果チームが担当するメンテナンス体制のもと、湿気の高い環境で8年間、かつ週10回以上のハイペースな公演に使用した実績を持ちます。  ショーのリニューアルにあたり、新しく購入するフォロースポットは今回もRobert Juliat製であるべきだ、とJenkinsは確信。「Robert Juliatは光学的にも高精度な品質を提供できる世界でも有数の企業です。こうした面とLEDの驚異的な長寿命である点を考慮しOzが選択されたのです」とJenkins。「Victorの素晴らしい使い心地を8年間体験している私にとって、Robert Juliat製の灯体を選ぶ以外のことは考えられませんでした。ロングランのショーにも対応できることを前提に全てをLED技術に変更するという条件では、Robert JuliatのOzがLEDフォロースポットの市場で唯一我々のニーズに合うものでした。またOzのリリース時期と我々のリニューアル時期が重なったことも、この製品が最有力候補となる良いきっかけでした」  リニューアルに際し、デザインの意図を貫くことも照明チームにとっては不可欠の要素であったため、Pacific Lighting社(香港)からデモンストレーション用機材が提供され、査定に活用されました。「VictorとOzを並べて出力してみると、Ozの能力は大幅に期待値を超え、我々のニーズにこれ以上ない程に適した出力具合でした」とJenkinsは認めます。  Jenkinsはハウス・オブ・ダンシング・ウォーターでチーフを務める以前、主にRobert Juliatの灯体が重要な役割を果たしたシルク・ドゥ・ソレイユの多数のクリエイションで照明チーフを務めたことから、当社製品には長い経験を持ちます。「明るさ、ビームのクオリティ、頑丈なつくり、信頼性、人間工学、消費電力…すべての要素を鑑みての決断でした」彼は続けます。「私にとってRobert Juliat製品とは10年もの付き合いで、ほかの機能はおまけのように感じるくらいLEDのパワフルさが究極の決め手でした!」  リニューアル前のVictor同様、RJ 600W LED Ozフォロースポット6台は観客席上部の270°円形のグリッドに等間隔で設置され、シーン毎の重要な登場人物を照らします。「本プロジェクトでは、Lucのこれまでのライティング・デザイン同様、信じられないほど緻密につくりこまれたフォロースポット・ワークが組み込まれています」Jenkinsは語ります。「そのため、低照度の美しいハイライトから高エネルギーのパワフルなパンチ力のある光までさまざまな出力を可能にする、エレガントさとパワフルさを兼ね備えたLED機材が必要となりました」  「またオペレーター側の観点からすると、Ozのバラストが不要である点、ランプハウス付近が低温である点は素晴らしい長所です。またLED灯体のディミング操作が、既存のダウザー操作と変わらず同じ作業であることも、オペレーターにとってこれ以上ないほどにシンプルな機材の差し替えとなっています。」  「新しいLED機材への移行にとても満足しています。今後もRobertJuliatの灯体、特にLED機材シリーズを指名するのは間違いありません」 RJ Oz 600W LEDフォロースポット ― その他ショーのすべてのRJ機材ーは、Robert Juliatの現地サプライヤーであるPacific Lighting社(香港)を通じてWhite Light社により販売され、Pacific Lighting社はRobert Juliat社との提携以来、現地で既に160台以上のRJ製フォロースポットを販売している。 Ozその他のRobert Juliat社LEDフォロースポット、タングステン、ディスチャージランプ灯体に関しさらに詳しく知りたい方は、www.robertjuliat.com まで。